>

矯正治療を受けるにあたって気をつけること

この記事をシェアする

マウスピースの装着について

ここでは、矯正治療をするにあたっての注意点についてご説明をいたします。
まず、マウスピース矯正の場合には矯正装置の装着時間をしっかりと守るようにいたしましょう。矯正治療を通して効果を得るためには正しい矯正装置の装着が求められます。

ワイヤー矯正や裏側矯正では装置を取り外すことがありません。そのため、装着や取り外しに関して特に気にする必要はありませんが、マウスピースに関してはご自身で取り外しや装着を決められた時間にしなければなりません。
決められた時間に装着や取り外しを行わなければ、期待していた効果を得ることができない可能性もあります。
みなさまが理想としている効果を得るためにも、決められた時間に装着をするようにいたしましょう。

通院の日程をずらさない

次にスムーズに治療を行うためにも、決められた日にしっかりと通院をするように心がけましょう。
矯正治療が始まる前に治療の計画を立てます。みなさま自身の都合によって治療日の延期なども可能ではありますが先延ばしにすればするほど治療の終了予定が伸びていく一方であります。

治療終了を伸ばさないためにも決められた日に通院するように心がけましょう。

次に歯磨きは、やりにくくても行うようにいたしましょう。
ワイヤー矯正や裏側矯正をしていると、装着器具が邪魔になって歯磨きが難しくなることがあります。しかし歯磨きがしにくいからといってやらないのではなく、矯正治療中の虫歯や歯周病を避けるためにも、丁寧な歯磨きをするように心がけましょう。

矯正治療中はこれらの注意点に気をつけましょう。